歯科を選ぶ

歯医者選びのポイント

私は2年ほど前に良い歯医者を見つけることができました。最初はレント現撮影に始まり、その画像を見せてくださりはっきりと虫歯であることの映像を確認できました。治療に入る前にまずはクリーニングを行いました。クリーニングを終えてからいよいよ治療が始まります。歯医者と言ったら痛いのが当たり前ですが、私の通っている歯医者さんは痛くないのです。痛みを感じるほどの治療に当たる時には、先ずはキシロカインの塗り薬を患部に塗布し、しばらくおいて歯茎に注射をします。キシロカインを塗布しているので注射の痛みは無く、呼気麻酔もしてくださいます。ですから、削っていても痛みは感じませんでした。それに、治療の際は何時も和かに微笑んでいらっしゃいます。

技術に関してはどうなのか

下の奥歯に随分前に銀の詰め物をしていました。その詰め物にアレルギー反応を起こしていましたので、下の奥歯は笑うとギラッと目立つので白の被せる歯を作って頂きました。以前通っていた歯医者さんは詰めた歯の高さがなかなか合わなくて、何度も削ってもらっていました。それでも違和感があるのですが、あまり何度も合っていませんと言えずにいましたが、現在通っている歯医者さんは出来上がってきた詰め物がピッタリと合うのです。調整してもらったことは一度もなく今も違和感なく過ごしています。それは丁寧な研磨と丁寧な型取りと歯科技工士さんの技術のおかげではないかと思います。お陰様で今では奥歯が白くなり思いっきり笑っても歯が気にならなくなりました。