マメ知識

知っておくと良い情報

歯科医院などで治療を受ける際に利用されている資材の制作を行っているのが歯科技工所です。近年では、歯科医院で技工物を作る所は少なくなってきました。 大手の歯科技工所では、資材に使用されるさまざまな治療器具の制作をそれぞれの技工士が分担して行っていますが、個人経営などの歯科技工所では全て一人で作らなければならないなど負担が大きくあります。 そういった技工士の負担を軽減するために、コンピューターを使用して技工物を作ることができるCAD/CAMという機械で作れるようになってきました。

工夫することで得られるメリット

このように、大まかな部分をコンピューターで制作することができれば、一つ一つ手作業で行っていた作業をする手間が省けるので、歯科技工士の負担が軽減されます。 また、現代では歯科医院の数が増加しています。そのため、病院は増えますが、歯科技工士の数が減少していっているので、こういったコンピューターを使用した制作方法を行うことで、需要につながっていきます。 また、大手歯科技工所のように、それぞれ行う作業を分担して歯科技工物の制作を行っていれば、たくさんの数の技工物を作ることができるので、歯科医院から受けた注文に対応することが出来ます。 このように、それぞれの歯科技工所ではさまざまな取り組みを行って技工物をつくっています。