治療方法について

今後さらに期待される安全性

従来型のインプラント治療は、歯肉を切開して顎の骨を見ながら手術を行っていくのが、一般的だといわれています。しかし、それは視野確保という目的における切開なので、患者には負担になっていたのです。その負担がかかることを解消するためには、できるだけ切開しない手術を行う必要があります。 現在では、その解決策としてCTの3次元データから、ドリルを安全にガイドする医療器具が、作られるようになりました。そのドリルをガイドする器具は、ドリルを正確で安全に導いて、顎の骨に穴が開けられるのです。

人工歯根と顎の骨の結合が必要

インプランと治療では、次世代型といわれる治療があります。その治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込むことが、正確性で安全に行えるになったのです。 しかし、その顎の骨に開けられた穴に、インプラントの埋め込みが終わっただけで、安心してはいけません。それは、埋め込んだ人工歯根と顎の骨が、強固に結合させなくてはいけないのです。その、結合が起きるまでインプラントに、加重をかけてはいけないきまりになっているのです。その期間は、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月だといわれています。 インプラント治療では、人工歯根と顎の骨が結合してから、次のステップに進むのが基本となっているのです。ですから、強固な結合が得られ前に、次のステップに進む治療については、事前によく把握しておく必要があります。