アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
どのような病気を扱うのか
白衣を着た女性

循環器科で扱う病気とは


病院には様々な診療科目がありますが、血液や心臓に関わる病気の診療は循環器科になります。
循環器科に関する主な病気には心筋梗塞や狭心症、不整脈などがあげられますが、動脈硬化を引き起こす要因となりうる高血圧や糖尿病などの生活習慣病と言われる治療も受けられます。
動脈硬化は脳梗塞などの大きな病気に発展する危険性もあります。
このような病気を予防するためには、まずは生活習慣病にならないような工夫が必要です。
高血圧や糖尿病は軽度であれば食生活や生活習慣を見直すことで、医療機関での治療を継続的に受けなくても改善が見込める場合があります。
また、どの病気に対しても早期発見、早期治療で重症化を防ぐことも可能なので、定期的に健康診断を受けることが必要です。

メタボリックシンドロームとは


現在の日本では生活習慣病の他に、メタボリック・シンドロームと呼ばれる人が増加しています。
メタボリック・シンドロームとは内臓に脂肪がたまった状態のことで、この内臓脂肪の蓄積も生活習慣病になる大きな要因と言われています。
メタボリック・シンドロームが増加した背景には、食生活の欧米化などがあげられます。
日本では2005年に診断の基準値が決められ、お腹まわりが男性85センチ以上、女性は90センチ以上で高血圧、高血糖、脂質代謝異常のうち、2つ以上当てはまる人がメタボリックシンドロームに該当するとされました。
この診断基準ができてから早期発見を目的として健康診断でもお腹まわりのサイズも測るところが増えています。

生活習慣病を改善するには


先程も述べたように、生活習慣病は軽度であれば食生活や生活習慣を見直すことで症状の改善も期待できます。
しかし、重症化した場合には医療機関での治療が必要になります。
生活習慣病を発症した人の中には高血圧と糖尿病など複数の症状を併発している人も多くいます。
体重を減らすために運動を取り入れる人もいますが、症状によっては体を動かすことが逆に体に負担をかけることもあるので、医師に相談してから決めることが望ましいと言えます。
糖尿病の場合は、血糖値のコントロールが重要で、血糖値が上がりすぎないように食事などにも気を付けることが必要になります。
そのため、病院では栄養士による食事指導などを行っているところもあります。

オススメリンク

手術が終わる

今後はどうなっていくのか

生活習慣によって、あるいは自分の体質によって、病気をもって生活している人たちは多く存在しています。
病気の症状が少しでも改善される様に、自分で運動などをして努力している場合もありますが、…Read more

チームを組む

受診時の注意点

循環器系の病気を発症した場合、主には、循環器科のある病院での治療を行う事になります。
その際の注意点としては、手術が必要な場合には、やはりその実績数などが明確になっている医師などが在籍し…Read more

関連リンク